劣化している

経年劣化による水漏れ

毎日使用するのがキッチンやバスルーム、洗面所などの水道です。水道は日常生活の中で何気なく使用していますが、毎日使用することで内部の構造が経年劣化していきます。経年劣化すると水道水漏れや水道水の詰まりなどを引き起こします。水道代を無駄にしないためにも、水漏れの予防や対策を心がけることが大切です。水道水漏れの原因は経年劣化の他にもいろいろありますが、自分で修理できることなら自分で修理してしまったほうが業者に依頼するよりも安上がりです。特に2ハンドル混合タイプのシンプルな構造の水道蛇口の水道水漏れなら、内部のパッキンを交換するだけで簡単に直ることもあります。作業をするときは必ず止水栓を閉めておこなうことが大切です。

水道のタイプ別に多い故障

水道水漏れの対処のしかたは、水道水の蛇口のタイプによって多少異なります。そこで蛇口のタイプ別で多い故障をご紹介していきます。キッチンでよく見かけるタイプがお湯と水のハンドルが別の2ハンドル混合水栓です。2ハンドル混合水栓はパッキンの不良から水道水漏れがよく起こります。洗面所などでよく見かけるのがシングルレバー混合水栓です。バルブの故障でハンドルが固くなったり、水が止まらなくなったり、ハンドルが取れたりすることがあります。バスルームでよく見かけるのがサーモスタット混合水栓です。止水栓の不調やフィルターの詰まりなどでシャワーの出が悪くなったり、バルブの故障で水栓ハンドルが固くなったりすることがあります。